障害を負っていても楽しい充実した人生を送るには・・・

仲間とともに働くこと、生活することがとても大切です。

親元を離れ、自力で生活できるように訓練することが絶対に必要です。
そのためにアンサンブルでは、昼間の働く施設と、 仕事が終わってから暮らすケアホーム・グループホームの 両方を整備しています。
町の中で、地域の中で受け入れられ、 見守られながら安心して生きて行けるように 生活全般にわたってサポートしていきます。
一生懸命力を合わせて働き、売れていく商品を作り、 給与と年金を合わせた収入で経済的に自立する。
社会の中で孤立することなく、仲間と助け合いながら暮らして行く。
それがアンサンブルを利用する人たちの生活モデルです。

そしてそれを全力をあげて支援するのがアンサンブル会の使命と考えます。

アンサンブル利用者の生活モデル

収入2級年金月額
工賃収入
ホーム家賃公的補助
 65,000円
 30,000円
 10,000円
 合 計 105,000円
支出ホーム費用
日中の給食費
自由に使えるお金(お小遣い)
 52,000円
  4,000円
 49,000円
 合 計 105,000円

※平成26年度利用者工賃月額 アンサンブル松川 35,177円(就労移行14名+就労継続B型29名)
                     アンサンブル伊那 30,245円(就労移行13名+就労継続B型40名)