伊那 行動援護班

こんにちは。アンサンブル伊那行動援護班から活動の様子をお知らせします。

アンサンブル伊那には生活棟と呼ばれるコンパクトな範囲内に、個室やトイレ、お風呂が充実した建物があります。重い自閉症の方や他者との関係性が難しい方が、自分の個室でそれぞれの好きな音楽を聴いたりおもちゃで遊んだり、PC、入浴、ドライブ、散歩等の余暇活動を中心に一日を組み立てて過ごしています。本人の好みや特性を理解し、一人ひとりが安心し落ち着いて生活が出来る環境・活動を提供し生活支援をしています。

また、生活棟前の中庭ハウスでは薪作業に取り組む利用者もいます。大勢の中での作業が困難な方や周囲とのペースが合わない方などには、少人数の中で作業に関われる空間を設け、知的障害の方や自閉症の方も活動の一部として取り組んでいます。

利用者一人ひとりをまずは良く観察し、障害特性やこだわり、課題を理解して、それぞれに合った支援を行う事が出来るように心がけています。すぐには結果が出ない事も多く、簡単な事ではありませんが、どんな障害があっても社会・集団の中で少しでも生活が充実して成長に繋げていけるよう日々努めて行きたいと思います。