暮らし=グループホーム

ここが自立の場・生きる拠点。人生を終えるまで仲間と一緒に。 

暮らし=グループホーム

「今日も一日一生懸命働いて疲れたな」と、帰るところはグループ
ホーム。掃除だって洗濯だって、やれることは自分でやるのが自立。
自分の部屋でのんびり過ごすのも、仲間と一緒に賑やかに過ごす時も。

町へ出かけるのは一人で、仲間と、職員と。欲しいものがあったら
お給料で買える。何でも話せる職員がいる。なんだかぐっと大人に
なった気がする。明日も頑張るぞ。それが私たちのグループホーム。

グループホームの生活環境と利用料について

サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル

グループホームは一棟ごと外観も間取りも異なったのを新築します。個室はフローリングの6畳にクローゼット。
全室冷暖房。トイレは1F・2Fに。お風呂は2~3人で入れる広さ。広いLDKはみんなで集える場所。二十歳になればお酒もタバコも禁止しない。親がまだ元気なので週末は帰宅の人が多い。

グループホームの利用料について

1か月60,000円(ただし10,000円の公的家賃補助があります)。
内訳は家賃+食費+光熱水費+諸雑費。入居金はありません。

関連資料をダウンロードする