夏を迎える生田班 2019年6月

夏を感じる生田作業所

こんにちは、生田班職員の細野です。徐々に暖かくなるのを感じていたのも束の間で、早くも夏を感じるような暑さが生田作業所を取り巻いています。利用者の皆さんからも毎日のように「あつい!!」と声が漏れてきました。そんな時は山の中に入ると若干涼しいので、皆で遊歩道の整備などを行い、来たる夏本番に向けて体力づくりも兼ねた仕事をしています。

そのお陰で、新しく作り始めていた遊歩道の完成が間近に迫ってきました!

山肌を削って歩く道を作ったり、急な坂には階段を作ったりと、ほぼ全ての仕事を利用者が協力して行ってくれています。

 

こういった遊歩道づくりも、自然豊かな生田班ならではの仕事です。普段は体験できないような事を沢山経験して、日々、皆成長しています。

遊歩道が完成し、自分たちで作った道を自分たちで歩くとき、利用者の皆さんはどんな気持ちで歩いていくのか、今からとても楽しみです。