松川 生田班

こんにちは!アンサンブル松川の生田班の坂下です!生田班と聞いても何を言っているのか分からないと思いますので少し紹介します、松川町にある生田という自然豊かな山の中で薪ストーブ用の薪から始まり、色々な種類の薪を生産しています。現在は18人の頼れる利用者と共に仕事を行っています。チェーンソー・薪割り機・タガ詰めといった作業の生産ラインで、それぞれ利用者が持ち場に就き日々汗を流しています。その他にも作業所内の山に遊歩道を利用者と共に建設し、遊歩道沿いでナメコの栽培、敷地内でコゴミやシイタケ・ワラビなどの栽培、今年からは近くの田んぼを利用し新たな事への挑戦も考えています。

とにかく大自然!!!ということでそんな作業所の大自然を上からご覧ください!

(データ重く、スマホでは映像がでるまで時間がかかる場合があります。)

そんな大自然の中、生田班では本日も薪を生産し早々に今年の冬支度をしているのでした。